COVID-19以降、持続可能な音楽カルチャーとは。再開へ向けた第一歩を

アーティストが自宅にいながら発信し、SNSで拡散する時代へと変化

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響がエンタテイメント・シーンに落とした影響は大きい。3月以降、軒並みライブやフェスが延期となり、CDショップが営業自粛になったことを受けてCD作品の新規リリースも延期となる作品がではじめている。新型コロナウイルスの影響で“コロナ以前~コロナ以後”と一気に世界は変わってしまった。

アーティストは今できること=ライブ配信を行うことで“無観客ライブ”が増えてきた。しかし、この名称はそろそろ気を使うべきだろう。会場は無観客でもモニターの向こうには観客がいるのだから。さらに、無料配信も多いことから供給過多な側面もあらわれはじめている。刻一刻と状況や考え方に変化が起きているのだ。そんななか、このたった2ヶ月の間で様々なムーヴメントが起きた。

星野源「うちで踊ろう」

まず話題となったのは星野源による「うちで踊ろう」でのオンライン・セッションの試みだ。本人による“誰か、この動画に楽器の伴奏やコーラスやダンスを重ねてくれないかな?”との呼びかけから急速に広がった。インターネットの可能性を示唆する試みだ。今後、回線が5Gになることでやれることのスペックも上がるだろうと想像力を刺激してくれた。

出典元:YouTube(星野源)

origami Home Sessions

同様のオンライン・セッションで言えば、Kan Sano、mabanuaらが所属する音楽制作者集団origamiが、収益が当面見込めないアーティストへ向けて楽曲を無償提供する『origami Home Sessions』を立ち上げたことも話題となった。提供するインスト・トラックやアカペラのデータを使ってコラボソングを作り、ネットにアップするなどリリースも可能という試みだ。収益は全てリリースしたアーティストに提供するというストリーミング時代ならではの粋でクリエイティヴな施策だ。

あわせて読みたい

KKBOXの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年5月13日の音楽記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。