野田洋次郎の楽曲はなぜ女性ボーカルと相性が良いのか 〜“洋次郎ワールド”の分析と考察

       
RADWIMPSの楽曲が各サブスクリプション・サービスで聴けるようになった。いやぁ嬉しい。解禁されたのは、シングルでいうと「25コ目の染色体」以降、アルバムでいうと『RADWIMPS 3~無人島に持っていき忘れた一枚~』以降の195曲。すごく頻繁にリリースをするタイプのアーティストではなくともこれだけの数の既存曲があるわけだから、それらをパッと思いついたタイミングで聴けることや、「マニフェスト」「シュプレヒコール」といったアルバム未収録のシングルを聴きやすくなったのもありがたい。

出典元:YouTube(radwimpsstaff)

彼らのディスコグラフィを眺め、聴き進めながら改めて感じ入ったのは、楽曲の振り幅の大きさとクオリティの両立だ。彼らが活動を始めた頃、ミクスチャーと呼ばれる楽曲の多くは「ラップ+ヘヴィロック、たまにエレクトロ要素」くらいの構成要素で成り立っていたが、彼らはロックやパンクやHIP-HOPのみならずジャズ、カントリー、レゲエ、ファンク……等々あらゆる音楽が自在にミックスさせ、ミクスチャー・ロック(という言い回し自体が廃れてしまったが)の新たなスタンダードを打ち立てたのだった。

曲ごとの質の高さの要因としては、個々のメンバーの演奏技術はもちろん、ソングライター・野田洋次郎の手腕による部分が大きい。多様な音楽ジャンルへの理解とそれを掛け合わせる卓越したセンスを併せ持った稀代のメロディメイカーであると同時に、リリシストとしても他と一線を画す個性を有しているため、歌詞にやられてRADWIMPSにハマったという人はかなりの割合いるのではないだろうか。近年では彼が提供した楽曲を他アーティストが歌ってヒットするというケースも多くなっているが、バンドサウンドではなくロックバンドが演奏をすることを前提にしていない曲においても、「ああ、洋次郎だ」と感じられるものばかりであること。そして、その多くが女性アーティストの_歌う曲であることは、彼の歌詞を考察する上で重要なポイントだと考える。

あわせて読みたい

野田洋次郎のプロフィールを見る
KKBOXの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「野田洋次郎」に関する記事

「野田洋次郎」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「野田洋次郎」の記事

次に読みたい「野田洋次郎」の記事をもっと見る

芸能ニュース

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年5月22日の音楽記事

キーワード一覧

  1. 野田洋次郎 Instagram
  2. 野田洋次郎 twitter
  3. 野田洋次郎 ドラマ

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。