ファンク、ソウルから80’sテイストのロックなどを反映させた多彩な音楽性、そして、日本史をテーマにしたコミカルなのに切ない歌詞。独創的すぎるスタイルとエンタメ性たっぷりのステージングによって幅広い人気を得ているレキシ池田貴史のソロプロジェクト)。これまでの作品にはいとうせいこう、椎名林檎斉藤和義、松たか子、持田香織(Every Little Thing)、秦 基博、後藤正文(from ASIAN KUNG-FU GENERATION)といった豪華なゲスト陣が参加。予想を超えたコラボレーションもレキシの大きな魅力だ。(レキシと共演する際の名称“レキシネーム”を欲っするアーティストも多数!?)

5月6日のストリーミングサービス解禁を記念し、キャリアを代表する楽曲を紹介。いずれも歴史的コラボによる名曲ばかりだ。

きらきら武士 feat.Deyonná(椎名林檎)

出典元:YouTube(avex)

2ndアルバム「レキツ」に収録された「きらきら武士 feat.Deyonná」にフィーチャーされたのは椎名林檎。軽快なファンク・ビート、ポップにきらめくメロディとともに椎名林檎が<今日は朝から 馬乗って/あたしをここから連れ出して>とキュートと歌い上げるこの曲はレキシの初期の代表曲であり、ライブのクライマックスで披露されることが多いダンスチューン。椎名林檎のコンピレーションアルバム「浮き名」にも収録され、彼女のソロツアーでも披露されたことも。