いまの時代を生きる人たちに聴いて欲しい!! 山口百恵の持つ言葉とメロディの美しさ。

いまの時代を生きる人たちに聴いて欲しい!! 山口百恵の持つ言葉とメロディの美しさ。
拡大する(全1枚)
1972年、オーディション番組「スター誕生!」をきっかけに14才でデビュー。清純派アイドルとしてデビューした山口百恵は、その後、早熟な女の子をイメージさせる楽曲で大ブレイク。さらに自立した女性像を歌う大人の歌手、そして普遍的な愛を歌う実力派シンガーへと成長した。1980年の日本武道館公演を最後にわずか21才で引退し、昭和を代表する伝説的な歌手となった。

いまの時代を生きる人たちに聴いて欲しい!! 山口百恵の持つ言...の画像はこちら >>


山下智久が「プレイバック part2」、GLIM SPANKYが「ロックンロール・ウィドウ」を音楽番組でカバーするなど、今も数多くのアーティストに愛され、若いリスナーを魅了し続けている山口百恵。今回 600曲以上に及ぶ膨大な楽曲がストリーミングサービスで解禁されることに敬意を払い、ここでは彼女のキャリアを代表する楽曲をピックアップし、山口百恵の魅力を紐解いていく。

「ひと夏の経験」(1974年)

デビュー曲「としごろ」は、恋のはじまりを描いた爽やかで素朴なナンバー。14才の新人歌手の楽曲としては十分に魅力的だったが、セールス的に成功したとは言い難かった。そこで2ndシングル「青い果実」では大体な路線変更を決断。「あなたが望むなら 私何をされてもいいわ」というフレーズで、世の中に鮮烈なインパクトを与えた。思春期の女の子が危うい恋愛を歌う、いわゆる“青い性”路線のもっとも大きな成果が、翌年リリースされた「ひと夏の経験」。「あなたに女の子の 一番大切なものをあげるわ」という歌詞、清純と早熟のなかで揺れる歌声は、いま聴いても驚くほどにスリリングだ。

当時の記事を読む

KKBOXの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

芸能ニュースランキング

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年6月4日の音楽記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。