SEKAI NO OWARI デビュー10周年 ーセカオワの歌詞の本質的な魅力

2020年2月、デビュー10周年を迎えたSEKAI NO OWARI。メンバー自身の手でライブハウス“clubEARTH”を作るところから始まり、メジャーデビュー以降はエンターテインメント性に溢れたサウンド、深い精神性と“生”の本質を射抜く歌詞によって支持を拡大。国民的な人気を得るとともに、“End of the World”名義で海外での活動も積極的に行っている。ここでは改めてセカオワの歌詞の世界をフィーチャー。その奥深い魅力を紹介したい。

SEKAI NO OWARI デビュー10周年 ーセカオワの歌詞の本質的な魅力


「幻の命」(2010年)

出典元:YouTube(LastrumMusic)

インディーズ時代の最初のシングルにして、アルバム「EARTH」のリード曲。当時は“世界の終わり”というバンド名表記だったが、バンド名のインパクト、そして何よりも、この楽曲が持っている普遍的な魅力によって、セカオワの存在は一気に広まっていった。儚くも消え去ってしまった命に思いを馳せ、この世界で生きる自分たちの存在を照らし出すような歌詞は、まさに彼らの原点だ。初めてセカオワに取材させてもらったとき、Nakajinが「このバンドはFukaseの言葉を伝えるために存在している」という趣旨の話をしてくれことは、いまもく心に残っている。

「RPG」(2013年)

出典元:YouTube(SEKAI NO OWARI)

メジャー4作目のシングルとしてリリースされた「RPG」(アニメ映画『クレヨンしんちゃん バカうまっ!B級グルメサバイバル!!』の主題歌)は、セカオワの知名度をさらに上げ、本格的なブレイクに導いた記念碑的な楽曲だ。「怖いものなんてない 僕らはもう一人じゃない」というサビの歌詞を書いたのは、Saori。共同生活を送りながらも、意見の違いからぶつかることもあったという状況のなか、自らに言い聞かせるように綴られたこのフレーズは、老若男女のリスナーの心に響き、ロングセールスを記録した。

あわせて読みたい

KKBOXの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年7月3日の音楽記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。