いまさら誰かに聞けない 〈THE FIRST TAKE〉の楽しみ方。

いま日本の音楽シーンで大きく注目され、今後の音楽の楽しみ方やアーティストのあり方にまで影響を与えるのではないかという音楽動画メディアが〈THE FIRST TAKE〉。1億再生超えの動画も続々生まれています。

出典元:YouTube(THE FIRST TAKE)

これまでの音楽動画と大きく異なるのは、白いスタジオに置かれた一本のマイクで一発撮りで歌うことをルールとしている点で、パフォーマンスが始まればアクシデントが起きても収録は途切れることなく最後まで進んでいく緊張感に驚かされます。また過剰な映像演出がまったくないため、自ずとアーティストの“歌と言葉”に集中することになり、これまでに体験したことのない臨場感の中で音楽の共有体験ができるのが魅力と言えます。YouTube上で映像を公開するこのプロジェクトは、2019年11月に開設され、これまでのチャンネル登録者数は381万人(2021年2月末時点)を超え、その勢いはとまりません。今回は〈THE FIRST TAKE〉の魅力に引き込まれ、動画が公開されるたびにワクワクしている筆者が、これまで公開された動画から押さえておきたいタイトルを紹介し〈THE FIRST TAKE〉の楽しみ方を解説していきます。

突如公開された「ナラタージュ」に釘付けになる

出典元:YouTube(THE FIRST TAKE)

2019年11月15日に突如公開されたのが、adieuこと上白石萌歌が歌う「ナラタージュ」。真っ白な背景のスタジオに置かれたコンデンサーマイクに対峙して映し出された上白石萌歌。過度な演出がなく、寄りと引きというシンプルなカメラカットだけで構成されている映像が印象的です。実際にこの映像を初めて観た時、完全に釘付けになりました。映像としての情報量が削ぎ落とされると“歌と言葉”が浮き彫りになるという、とてもプリミティブな感動を再認識することができたのです。しかも映像に〈余白〉があるからなのか、まるで自分の傍で歌ってくれているような新しい体験も味わえたことを記憶しています。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

KKBOXの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

音楽ニュースランキング

音楽ランキングをもっと見る
お買いものリンク