東京事変のスゴい曲と新作「音楽」について

東京事変のスゴい曲と新作「音楽」について
拡大する(全1枚)
東京事変が2021年6月9日“ロックの日”にニューアルバム「音楽」をリリースした。

2020年の元旦に突如として“再生”が発表され、新曲「選ばれざる国民」とともに約8年ぶりに活動を再開。その後も「赤の同盟」(ドラマ「私たちはどうかしている」主題歌)、「青のID」(映画「さくら」主題歌)などを発表し、大晦日には「NHK紅白歌合戦」への初出場を果たすなど、活動を繰り広げてきた。ここでは10年ぶり(!)のフルアルバム「音楽」のリリースに際し、代表曲や名曲を紹介しながら、東京事変の多面的な魅力を紹介したい。

デビュー時の衝撃/バンドの個性を決定づけたデビュー曲「群青日和」

出典元:YouTube(東京事変)

2004年に活動をスタートさせた東京事変の初期のメンバーは、椎名林檎(V)、刄田綴色(Dr)、亀田誠治(Ba)、H是都M(Key)、晝海幹音(G)。(H是都M、晝海幹音は2005年に脱退し、浮雲(G)、伊澤一葉(Key)が加入)。デビュー前にフジロックフェスティバルでヘッドライナーをつとめるなど、大きな注目を集めた。東京事変が世に放った最初の楽曲は、2004年9月にリリースされた1stシングル「群青日和」。東京の風景、演技と本心が混ざり合う女性心理を重ねた歌詞、凄腕ミュージシャンたちによる独創的にして奔放なアンサンブルを含め、東京事変の基本的な方向性を明確に示したアッパーチューンだ。その1か月後には2ndシングル「遭難」を発表。歌謡的な旋律、危うい恋愛に溺る寸前の感情が絡み合う状況を映し出す歌は、今聴いても驚くほどにスリリングだ。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

KKBOXの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「東京事変」に関する記事

「東京事変」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「東京事変」の記事

次に読みたい「東京事変」の記事をもっと見る

音楽ニュースランキング

音楽ランキングをもっと見る
お買いものリンク