若きアーティストたちが選ぶ スピッツ この1曲

スピッツのニューアルバム『見っけ』が、前作「醒めない」以来3年2カ月ぶりにリリースされました。NHK連続テレビ小説「なつぞら」主題歌となった「優しいあの子」、NTT東日本CM「あなたの夢は、みんなの夢」などを含む全12曲は、デビュー30周年を迎えた現在も、キラキラした少年の眼差しやキラキラしたメロディに溢れた作品になっています。

出典元:YouTube(spitzclips)

また、これまでの作品も音楽ストリーミングサービスで一挙に配信スタート。スピッツが音楽シーンに残した軌跡を堪能できるのはもちろん、それぞれの世代のリスナーの記憶に存在したスピッツを改めて想い出せるのではないでしょうか。そして、スピッツは若きアーティストにも大きな影響を与え、リスペクトされています。今回は現在の音楽シーンの、それぞれのフィールドで活躍するアーティストたちにスポットを当て、スピッツに対する熱き想いを語って頂きました。

首藤義勝(KEYTALK):「幻のドラゴン」

中学生のとき、確かお年玉でエレキベースを買って初めてコピーしたのが大好きなスピッツの曲でした。スピッツの音楽は原点にして頂点。普通の日常に不意に魔法をかけてくれる感じがします。好きな曲を挙げるとキリがないので…さっき聴いていた「とげまる」から1曲選びました。これからも聴き続けます!

南菜生(PassCode):「空も飛べるはず」

スピッツというバンドの曲だと理解するよりはやく、「空も飛べるはず」を歌っていた。それ程受動的に、そこにあるのが当たり前かのように、私の人生の中にスピッツは存在していた。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

KKBOXの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「スピッツ」に関する記事

「スピッツ」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「スピッツ」の記事

次に読みたい「スピッツ」の記事をもっと見る

音楽ニュースランキング

音楽ランキングをもっと見る
お買いものリンク