ジョー横溝が聴き解く〜宮本浩次が歌うカバーアルバムの魅力

2020年はミュージシャンやアーティストたちの音楽活動が停滞しながらも、同時にこれまでと違ったアクションを始めた1年となっています。その中で、宮本浩次は実にアクティブな行動を見せてくれました。今回は、これまでに宮本浩次に何度もインタビューし親交の深い文筆家でラジオDJのジョー横溝さんに、宮本浩次、初のカバーアルバム『ROMANCE』の魅力を解説してもらいます。

宮本浩次の2020年

出典元:YouTube(宮本浩次)

宮本浩次、初のカバーアルバム『ROMANCE』がリリースされた。それにしても、2020年にスタートした宮本のソロ活動はコロナ禍にもかかわらず精力的、かつ濃厚で、ファンのみならず、お茶の間レベルでも、その歌を耳にする者の心を揺さぶっている。今年3月にファーストソロアルバム『宮本、独歩。』をリリースしたのに続いて、宮本の誕生日である6月12日には『宮本浩次バースデイコンサートat作業場 「宮本、独歩。」』と題して、渾身の無観客配信ライブを行った。

出典元:YouTube(宮本浩次)

そして、9月にはシングル「P.S. I love you」をリリース。(その後、10月には「エレファントカシマシ/日比谷野外音楽堂2020」を敢行)。これで年内の動きは小休止かと思っていたら『ROMANCE』のリリースが待っていた。宮本によるカバー曲が初めて音源になったのはエレファントカシマシのアルバム『STARTING OVER』(08年)内での「翳りゆく部屋」(原曲・
編集部おすすめ

当時の記事を読む

宮本浩次のプロフィールを見る
KKBOXの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「宮本浩次」に関する記事

「宮本浩次」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「宮本浩次」の記事

次に読みたい「宮本浩次」の記事をもっと見る

音楽ニュースランキング

音楽ランキングをもっと見る
お買いものリンク