上白石萌音と一緒に聴く〈70's-90's名曲ポップス〉

上白石萌音と一緒に聴く〈70's-90's名曲ポップス〉
拡大する(全1枚)
2021年の音楽シーンは“日本のポップスミュージックの金字塔”と呼べるアーティストやクリエイターのメモリアルな出来事が目白押しです。故・筒美京平の傘寿(80歳)を記念したトリビュートアルバムやトリビュートコンサートは大盛況でしたし、大滝詠一の『A LONG VACATION』のリリース40周年を記念して、本人名義でリリースされた全作品177曲が遂にストリーミング配信スタート。また作詞活動50周年を迎える松本隆のトリビュートアルバム『風街に連れてって!』が7月14日にリリースされることも決定しています。SNS発信のヒット曲が生まれる中で、70年代や80年代のポップスが改めて注目されています。

出典元:YouTube(UNIVERSAL MUSIC JAPAN)

そんな中、女優としてシンガーとして大活躍する上白石萌音が、70年代楽曲のカバー『あの歌-1-』と、80-90年代楽曲のカバー『あの歌-2-』を2枚同時リリース。両親の影響で昭和の名曲たちにも多く触れて育ち、昭和・平成ポップスが大好きという上白石萌音が、「カバーアルバムをリリースしたい」とく希望して実現した企画です。そして、彼女自身の音楽活動の中でもルーツとなったアーティスト達に関して触れ「おこがましいのですが、自分を介して新しい曲やアーティストを聴くきっかけになってもらえたら嬉しい」とも語っています。上の言葉はとても大事なことを示唆してくれます。いま第一線で活躍するアーティストたちが、過去の名曲を発掘し、現在の若いリスナーたちに歌い継ぐことはとても重要なアクションではないでしょうか。誰かが歌い繋ぐことによって、時を経て歌は輝きを増し、そして新しい歌として蘇るのです。今回届けられた21曲は、上白石萌音が悩みに悩んで選曲したのだそうです。そんな厳選された珠玉の名曲たちと出会う旅を、上白石萌音と一緒に聴いていきましょう。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

KKBOXの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「大滝詠一」に関する記事

「大滝詠一」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「大滝詠一」の記事

次に読みたい「大滝詠一」の記事をもっと見る

音楽ニュースランキング

音楽ランキングをもっと見る
お買いものリンク