武藤彩未と一緒に楽しむ松本隆の詞の魅力!!
拡大する(全6枚)
2021年は故・筒美京平の傘寿(80歳)を記念したトリビュートアルバムのリリースやトリビュートコンサートの開催や、大滝詠一の『A LONG VACATION』のリリース40周年を記念して、本人名義でリリースされた全作品177曲が遂にストリーミング配信スタートされるなど、70年代&80年代のポップスに脚光が当たっています。そして、この二人とも深い関係を持つ作詞家・松本隆の作詞活動50周年を記念したトリビュートアルバム『風街に連れてって!』がリリースされました。「木綿のハンカチーフ」「東京ららばい」「セクシャルバイオレットNo.1」「スニーカーぶる~す」など時代に寄り添うヒット曲を連発、第23回日本レコード大賞を受賞した寺尾聰の「ルビーの指環」、松田聖子の24曲連続オリコン1位のうち、17曲を手掛けるなど歌謡界で一時代を築き上げた松本隆。『風街に連れてって!』では、吉岡聖恵、川崎鷹也、幾田りら 、宮本浩次 、池田エライザ 、B’z、GLIM SPANKY 、三浦大知、Daoko、横山剣クレイジーケンバンド)、MAYU・manaka・アサヒ(Little Glee Monster) のキャリアアーティストから新進のアーティストまで11組のアーティストたちが、選りすぐりの松本隆の作品を歌い紡いでいます。

武藤彩未と一緒に楽しむ松本隆の詞の魅力!!の画像はこちら >>


今回は 80年代ソングをこよなく愛する武藤彩未さんに松本隆作品の魅力と『風街に連れてって!』の聴きどころのお話をお聞きします。武藤彩未さんの“松本隆愛”は絶大で、自らパーソナリティを務めるレギュラーラジオプログラム『LIKE SONG』のレギュラーコーナー「拝啓 松本隆さま」では、毎回松本隆作品を熱く語っています。みなさんも一緒に松本隆さんの魅力を発見していきましょう。

この記事の画像

「武藤彩未と一緒に楽しむ松本隆の詞の魅力!!」の画像1 「武藤彩未と一緒に楽しむ松本隆の詞の魅力!!」の画像2 「武藤彩未と一緒に楽しむ松本隆の詞の魅力!!」の画像3 「武藤彩未と一緒に楽しむ松本隆の詞の魅力!!」の画像4
「武藤彩未と一緒に楽しむ松本隆の詞の魅力!!」の画像5 「武藤彩未と一緒に楽しむ松本隆の詞の魅力!!」の画像6