MANATO(BE:FIRST)を築き上げた音楽の原点
拡大する(全6枚)
ダンス&ボーカルユニット「BE:FIRST」のメンバーMANATOは音楽を愛し、音楽に愛されている人だ。小学生高学年で音楽のレッスンを受け始め、小学校卒業後は音楽留学のため遥々ニューヨークへ。一度は挫折を経験するも諦めきれず再び音楽の道を歩き出し、ボーイズグループオーディション「THE FIRST」への参加を経た現在、BE:FIRSTの一員として人気アーティストの階段を駆け上がっているーー。

MANATO(BE:FIRST)を築き上げた音楽の原点の画像はこちら >>


音楽と共に人生の歩みを進めてきたMANATOから、音楽のルーツや自身に影響を与えた楽曲、さらにBE:FIRSTデビュー後に変化した音楽への意識など、今の彼の“音楽観”を構成する源泉に迫った。また、2022年3月7日にデジタルリリースしたニューシングル『Bye-Good-Bye』に注ぎ込んだ思いもお届けする。
(写真:安藤未優)

MANATOを築き上げた音楽のルーツ

ーMANATOさんが音楽に目覚めたのはいつ頃ですか?

MANATO:自分から明確に音楽に興味を持ち始めたのは、レッスンを受け始めた時なので小学6年生の頃です。

ーレッスンを受け始めたのには何かキッカケが?

MANATO:当時『ONE PIECE』が好きで、アニメの主題歌だった東方神起さんの「Share The World」をずっと歌っていたみたいなんですよ(笑)。お風呂やトイレ、外にいる時……どこでも歌っているから「ちゃんとしたところで歌えば?」と両親がレッスンを勧めてきて。それがキッカケでレッスンを受け始めました。

この記事の画像

「MANATO(BE:FIRST)を築き上げた音楽の原点」の画像1 「MANATO(BE:FIRST)を築き上げた音楽の原点」の画像2 「MANATO(BE:FIRST)を築き上げた音楽の原点」の画像3 「MANATO(BE:FIRST)を築き上げた音楽の原点」の画像4
「MANATO(BE:FIRST)を築き上げた音楽の原点」の画像5 「MANATO(BE:FIRST)を築き上げた音楽の原点」の画像6