毒のあるポップで切り開く新しい才能:電波少女、King Gnu、挫・人間

KKBOX編集室推しアーティスト企画コラム『Who’s Next』。今回は、毒のあるポップで切り開く新しい才能!超個性的な才能溢れる次世代アーティスト3組にメール・インタビューを試みました。King Gnu、電波少女、挫・人間。素晴らしき楽曲をチェックしてみてください!

King Gnu

毒のあるポップで切り開く新しい才能:電波少女、King Gnu、挫・人間




アカデミックでありながらアナーキーな匂いを漂わせ、ロック、ヒップホップ、テクノ、現代音楽などが同列で解き放たれるサウンド・センスの高さで注目を集めている新しい才能。サウンドを一言であらわすならは“トーキョー・ニュー・ミクスチャー・スタイル”。メンバーは東京藝術大学出身の鬼才、常田大希(Gt.Vo.)、井口理(Vo.Key.)。そして、ジャズ・ジーンで活躍する新井和輝(Ba.)、勢喜遊(Drs.Sampler)の4名。2017年4月、バンド名をSrv.VinciからKing Gnuに改名。『フジロック'17』へ出演するなど、圧倒的オリジナル・センスと完成度を誇るバンドに要注目!





 



Q1:最新作『Tokyo Rendez-Vous』で、ご自身が気に入っている聴き処ポイントを教えてください。



●常田大希:オルタナ感と王道感。邦楽感と洋楽感。



●井口理:楽器各々のプレーが尖りつつ、しっかり歌モノになっている点。アルバム全体を通して言えることですが、一曲目「Tokyo Rendez-Vous」なんかはリズム隊と上物の掛け合いが魅力です。 Vo.Gt.常田と僕の歌いまわし、声の違いも聴きどころだと思います。

あわせて読みたい

KKBOXの記事をもっと見る 2017年10月17日の音楽記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。