DEAN FUJIOKAに聞く、いい音楽の条件

DEAN FUJIOKAのアイデンティティーを示すキーワードに「“GMT+7~+9の時間軸”における縦移動のライフ&ワーク・スタイル」という言葉がある。日本からアメリカやイギリスへの移動は世界地図を広げると“横移動”だが、DEANの場合は日本~インドネシア~香港~台湾など、常に“縦移動”の都市で活躍してきたというワケだ。そんな、特異な活動を続ける生粋の表現者である彼に、ライフワークである音楽について聞いてみた。意外な一面がうかがえた。

出典元:(YouTube:A-Sketch MUSIC LABEL)

子どもの時に感じた空気感というか時代を超えていくタイムレス感って大事

——最近は、どんな音楽を聴いてますか?
DEAN:現在進行形では、EDMのサブ・ジャンルも好きだし、チキチキ鳴ってるトラップ・ビートに乗っているヒップホップもチェックし続けてます。でも、フューチャー・ベースの波は、夏ぐらいに山を迎えましたね。

——邦楽だとどの辺ですか?
DEAN:最近だと、ゆるふわギャングやKOHHをよく聴いてます。フロウや言葉選びのかっこよさに惹かれますね。

あと和のテイストなトラックメーカーなんですが、Ujico*って知ってます? 

それと福岡のYUC’eがいいですよね。センスいいです。あの辺がドンピシャで。日本のクリエイターという意味ではインターナショナルな流行とは違う音使いなど、別の進化を遂げてますね。ガラパゴスゆえに海外からも注目されていると思います。

あわせて読みたい

KKBOXの記事をもっと見る 2017年12月23日の音楽記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。