ウ・ドファン、“10年間の心の荷物を下ろして…”
拡大する(全3枚)
ウ・ドファン

ウ・ドファン、“10年間の心の荷物を下ろして…”の画像はこちら >>



[韓国エンタメニュース]

俳優ウ・ドファンが帰ってきた。

公開された写真でウ・ドファンはバスケットボール場、フットサル場などの運動場でアクティビティな姿を披露し、少年美と男性美を同時に表現する自由な姿を見せた。特にバスケットボールのユニフォームを着てバスケットボールのゴールポストにぶら下がって撮影する時は、バスケットボール選手に劣らない動作を見せて現場スタッフの感嘆を誘った。

撮影後のインタビューで彼は、軍入隊前と後で変わった心構えについて「10年間の荷物を少し下ろしたような気持ちです。それまでは入隊を1年後にするか、2年後にするか、そんな風に毎日悩んでいました。作品をする時もそうでした。僕がやってきたことに対する流れが途切れると思い、何とか良い姿をお見せしようという欲と強迫があったようです。今は僕の人生や価値観、俳優としての道など、何一つ途切れずに続けられるという点から余裕も生まれましたし、また仕事が出来るということに対して大切さも感じられます」と、率直な気持ちを明かした。

ウ・ドファン、“10年間の心の荷物を下ろして…”
ウ・ドファン



また20代と30代の違いを尋ねると彼は「まず、グンピル(兵役を終えて除隊した状態)になりました。俳優として僕が出来る役割を広げながら、もっと挑戦せねばと思います。今は、ある選択において自由や勇気も少し大きくなったように思います。余裕も生まれました。20代は本当に前だけを見て走ってきたんですよ」と、今後の心構えを示した。

この記事の画像

「ウ・ドファン、“10年間の心の荷物を下ろして…”」の画像1 「ウ・ドファン、“10年間の心の荷物を下ろして…”」の画像2 「ウ・ドファン、“10年間の心の荷物を下ろして…”」の画像3