「豊島区が消滅する!?」NHKが明かす、“縮小ニッポン”の根拠とは

       

豊島区外から転入してきた「20代の単身者」の平均年収は241万円。物価の高い東京で暮らすにはギリギリで、結婚すらできない人が増えているというのです。


「単身高齢者」の増加による社会保障費の増大

ここで紹介されている日給7500円、日払い、寮付き、食事付きという新宿の警備会社の寮には、地方出身の若者が多く住んでいるそうです。しかし、住民の4割は50歳以上。中には病気で働けなくなったり、ここで亡くなる人もいて、五輪建設特需後は、若者たちもいずれ「単身高齢者」の予備軍になる可能性があるというのです。

高齢者が増えれば当然、社会保障費が増えるため、行政サービスもカットせざるを得ません。それが一体どんなものなのか、正直、ピンと来なかったのですが、夕張市の現状を知り、これは将来の日本の姿なのかもしれないと思いました。


財政破綻した夕張市にみる日本の将来

2006年、353億円の赤字を抱えて財政破綻した夕張市。現在は、全国で唯一の財政再生団体に指定され、予算編成をするにも事業を行うにも、いちいち国の同意を得なければならなくなりました。

破綻前は、399人いた市職員を100人に減らし、給与も4割カット。それでも夕張市の地方税収入8億円に対し、今後20年間にわたって毎年返済し続けなければない金額は26億円。現在は、国や道からの支出金によって、なんとか帳尻を合わせているそうですが、財政破綻がもたらすもの、それは「容赦ない住民サービスの切り捨て」でした。


当時の記事を読む

講談社BOOK倶楽部の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コラムニュース

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年9月1日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。