ロボ/マシン/ヒーロー/アメコミ。1つでも好きなら『AUTOMATON』に胸熱!

『AUTOMATON(1)』(著:倉薗 紀彦)

ロボ/マシン/ヒーロー/アメコミ。1つでも好きなら『AUTOMATON』に胸熱!

倉薗紀彦さんの漫画は丁寧な絵とテンポの良いストーリーがとても好きで、新刊を楽しみにしていました。チラッと表紙を見たときに「スーツ系! 絶対これは好きだぞ。今回こっち系か!?」と心の中でガッツポーズして、ニヤリとしました。アメコミが好きなのでスーツやマントのデザインを見るとそれだけでワクワクします。

タイトルのオートマトンとは何だろうと検索してみたら、12世紀から19世紀にかけてヨーロッパなどで作られた機械人形や自動人形のこととありました。「自らの意志で動くもの」という意味合いもあるそうです。(参照:https://ja.wikipedia.org/wiki/オートマタ)


■近未来東京で起こるロボットと共存する世界

ロボ/マシン/ヒーロー/アメコミ。1つでも好きなら『AUTOMATON』に胸熱!

漫画の舞台は、近未来の東京。そこはロボットと人が共存する超格差社会。非正規雇用比率が7割を超えているという。

ロボ/マシン/ヒーロー/アメコミ。1つでも好きなら『AUTOMATON』に胸熱!

主人公はロボティクスが好きな高校生・明(アキラ)。両親を幼い頃に事故で亡くし、高校生活とバイトを両立しながら、叔母と共に暮らしている。叔母の厳しい態度に辛さを感じていますが、元来の優しい性格のせいか、不条理を受け入れているように見えます。同居する寝たきりの祖母は、明がお世話をしています。


ロボ/マシン/ヒーロー/アメコミ。1つでも好きなら『AUTOMATON』に胸熱!


■密室で起こる事件、主人公に迫られる選択

そんなある日。偶然、バイト先にトマ・ロック博士という世界最大級のロボティクス企業のCEOがやって来て、明を誘拐します。目が覚めるとそこは閉鎖された空間。ひとりの一般市民を助けるか、5人の元犯罪者を助けるか迫られます。

...続きを読む

あわせて読みたい

講談社コミックプラスの記事をもっと見る 2018年6月24日のマンガ・アニメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

マンガ・アニメニュースアクセスランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。