強盗も半グレも殺人者も、金さえ払えば助けてやる。【ネオ闇医者物語】

『バカレイドッグス Loser(1)』(作:矢樹 純 漫画:青木 優)

心の中で何度も「うおぉぉ!」と叫びながら、一気読みしてしまいました。あちらこちらに散りばめられた謎に、どんどん引き込まれていったからです。
「バカレイ」とは裏路地という意味。舞台が横浜の裏路地ということもあるのですが、ここでは陽のあたる正道とは真逆の世界が描かれ、登場人物は全員怪しげで謎を秘めています。

主人公の犬堂辰次は、腕利きの天才外科医だけれど無免許の闇医者。東京を追われ、横浜の裏路地で開業することになったのは、病気の母親の転院が関係しているようです。
少年のように綺麗な顔立ちなのに、怒るとき以外は常に無表情。かなり不気味です。

弟の亥三(いぞう)は兄を助ける心強い存在ではあるものの、兄とは似ても似つかないルックスで、何か秘密がありそう。しかも臓器売買をするモグリの保険屋。
そして看護師の鈴(りん)は、父親が作った900万円もの借金を背負わされ、辰次に助けられたようなのですが、その謎は小出しにしか出て来ません。

この怪しげな3人で開業した犬堂医院に最初に飛び込んで来た患者は、札付きのホームレスでした。弟の亥三が止めるのも聞かず、患者の健全な臓器を売ることで緊急手術をする辰次。

この漫画は、臓器売買など闇の世界を扱った漫画なのかな? だから「バカレイ」なのかなと思ったら、全然違いました。
辰次は売買用の臓器も取らず、タダ同然でホームレスを救ったのです。
あれっ、辰次は本当はいい人なの?と、このとき思った私。
しかし、これも見当はずれでした。

強盗も半グレも殺人者も、金さえ払えば助けてやる。【ネオ闇医者物語】



あわせて読みたい

講談社コミックプラスの記事をもっと見る 2019年11月1日のマンガ・アニメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

マンガ・アニメニュースアクセスランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。