野球の神が愛するのは、才能か、努力か!? 六大学野球物語『ビッグシックス』

スポーツ漫画で重要なのは、なんといってもライバルの存在。
実は早田も忍が好きで、2人は野球だけでなく恋のライバルでもあるのです。

でもこの下嶋の野球部入部は、ある意味、早田に仕組まれたことでもありました。
それを見抜いた忍の兄に、早田がしゃべるシーンはカッコイイ!!
さすが早田、下嶋の性格がよくわかっていると思うのと同時に、今でも全国大会でのことを負い目に思っている早田を思わず応援したくなりました。

もう1人、若木大学のピッチャー、結城達也も気になるライバルです。
結城は、夏の甲子園優勝投手で、全日本大学選手権、世界大学選手権優勝の立役者。身長が176センチなので、内野手への転向を勧められたにもかかわらず、頑なに投手へのこだわりを見せる男。

これに野球が大好きなのにバント要員でしか自分を活かすことができない竹本忍が加わり、役者は揃った!という感じです。

女性の野球選手という設定は、水島新司さんの『野球狂の詩』が非常に有名ですが、忍はそうしたヒロイン像とはかけ離れています。
だから忍が下嶋に対してつぶやいた「才能を腐らせている」という言葉は、心に刺さりました。

持って生まれた圧倒的な才能を持っているにもかかわらず、それを活かそうとしない奴がいるかと思えば、どうすることもできない肉体的な差で挑戦する権利さえ与えられなかったり、人一倍努力が必要だったりする人もいるわけです。

正直、「才能」という言葉は大袈裟でむず痒いので「素質」や「得意なこと」という言葉に置き換えますが、果たして自分はそれらに気づき、きちんと伸ばすことができているのかと考えさせられました。
下嶋みたいなお調子者に気づかされるなんて、ちょっと悔しい気もしますが(笑)。


当時の記事を読む

講談社コミックプラスの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年6月10日のマンガ・アニメ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。