そこも見たいの?男子が見たがっている「本命の彼女のアソコ」4選

Webコラムのタイトルで「アソコ」という言葉が多用されるようになって、はや数年が経ちますが、あまりに生々しい「アソコ」のことを書いてあるコラムは少ないものです。 今回は、一歩踏み込んで、少々生々しい「アソコ」について迫ってみたいと思います。 男子は本命彼女のどこを見たいと思っているのでしょうか?
そこも見たいの?男子が見たがっている「本命の彼女のアソコ」4選

1:アンダーヘア
「本命の彼女の毛の具合って、ぼくは絶対に見たいんですよね。IラインとかOラインも含めてです」(27歳・広告) アドマンから証言をいただくと、いつもエロ度合いが高めのものがきますが、アドマンってエロいんでしょうか?

以下もおなじ男子の証言です。
2:シワの具合
「パンティを脱がす前のアソコらへんのシワの具合は、もうガン見したいです」(同上) 盛っているものをお持ちなのか、どういう具合なのか、どのへんの加減でアソコにシワが生まれるのか、こういうことは男子としてぜひ知りたいことだろうと思います。 男子って、じぶんのナニを脚の間に挟んで、みずから「シワ感」をつくって実験していた……という、女子に言えない過去をお持ちだったりもするらしいですよw
3:脇の下
「定番ですが脇の下はぜひ見たいです」(25歳・IT) 脇の下って、女子のアソコを妄想させるのではないかと思います。
4:クリのサイズ
「本命の女子のクリトリスのサイズはぜひ見たいです」(26歳・建築) 俗説として、クリが大きい女子はひとりエッチをいっぱいしているとか、そういうことを男子はなぜか知っているので、クリを見たいと思うのかもしれません。 あくまでも俗説なんですけどね。
今回のまとめ
いかがでしたか? 中学生並みのご意見が4つ出揃いました。 カップルにおける「一歩踏み込んだ証言」って、エロすぎるように見えて、じつのところ、パートナーのことが本気で好きという素直な感情の発露だったりします。 つまり女子は女子で、本命の彼のタマのシワを見たいとか、本命の彼のひとりエッチを見たいとか、いろいろ思っているように、男子も男子でいろんなことを思っているということです。 ラブラブとは、つまるところそういうことです。 Photo by Kr. B.

あわせて読みたい

気になるキーワード

恋学~Koi Gaku~の記事をもっと見る 2015年8月5日の女性コラム記事

次に読みたい関連記事「髪型」のニュース

次に読みたい関連記事「髪型」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ヘアスタイル」のニュース

次に読みたい関連記事「ヘアスタイル」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

女性コラムニュースアクセスランキング

女性コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

女性が気になる恋愛、美容、グルメ、トレンドスポット情報が充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら