ベネトクラクスとリツキシマブ併用試験で得られた新たなデータを発表

2018年6月25日

アッヴィ合同会社

アッヴィ、第23回欧州血液学会年次総会にて再発/難治性慢性リンパ性白血病を対象とした、ベネトクラクスとリツキシマブ(遺伝子組換え)併用第III相MURANO試験で得られた微小残存病変に関する新たなデータを発表

●ベネトクラクス+リツキシマブ(遺伝子組換え)併用投与群(194例)において併用療法終了時点で微小残存病変陰性(uMRD)を達成した121例のうち、追跡調査13.8カ月時点で83%(100例)がuMRDを維持し増悪せず[1]
●染色体17p欠失、IgVH変異、TP53変異などの危険因子に因らず、nMRDは一貫[1]

イリノイ州ノースシカゴ、2018年6月15日(米国時間)-グローバルな研究開発型のバイオ医薬品企業であるアッヴィ(NYSE:ABBV)は、再発または難治性(R/R)の慢性リンパ性白血病(CLL)患者さんを対象としてファーストインクラスのBCL-2阻害剤であるベネトクラクスとリツキシマブ(遺伝子組換え)併用療法を検討する検証的第III相MURANO試験で得られた微小残存病変陰性(uMRD:undetectable Minimal Residual Disease, 標準的な検査で白血球10,000個中CLL細胞1個未満2)達成率を新たに解析し、そのデータを発表しました。併用療法終了時点で121例の患者さんがuMRDを達成しました。そのうち83%(100例)の患者さんがuMRDを維持し、併用療法終了後中央値13.8カ月(範囲:5.6~23.0カ月)にわたって増悪しませんでした。これらの結果については、ストックホルムで開催される第23回欧州血液学会(EHA)年次総会にて6月16日(土曜日)午前11時45分(中央ヨーロッパ夏時間)に口頭発表を行います1。ベネトクラクスはアッヴィとロシュ社が開発を行っています。米国ではアッヴィとロシュグループの一員であるジェネンテック社が共同販売しており、米国以外ではアッヴィが販売しています。

あわせて読みたい

この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

ニュースアクセスランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。