京都薬科大学・京都橘大学 教育研究協力に関する包括協定締結

京都薬科大学・京都橘大学 教育研究協力に関する包括協定締結
左から京都薬科大学 学長 後藤直正、京都橘大学 学長 細川涼一
2019年3月18日

京都薬科大学 京都橘大学

京都薬科大学・京都橘大学
教育研究協力に関する包括協定締結
医療専門職の養成や地域連携により、地域課題の解決に取り組む

 京都薬科大学(京都市山科区)、京都橘大学(京都市山科区)は3月18日、共に医療系学部をもつ両大学がこれまで実施してきた多職種連携教育をコアとして、さらに両大学の連携を強固なものとすることを目的に、教育研究協力に関する包括協定を締結しました。

 団塊の世代800万人が後期高齢者に達する今後の日本社会は、「2025年問題」として「認知症患者数」「高齢者世帯数」「年間死亡者数」の増加などが課題に挙げられています。この課題を解決する方法として、在宅医療の場における患者支援が重要視されています。
 今後、さらに在宅医療を充実させていくためには、医師、薬剤師、看護師、理学療法士、作業療法士など、多職種が連携して患者支援を行うことが必要です。このような状況の中で、大学はそれぞれの専門性を高めるための教育はもちろん、各職種が連携して1人の患者さんに対応していくことを前提とした教育を行うことが、ますます重要になってくると考えています。

 京都薬科大学と京都橘大学は2016年度から共同で多職種連携教育を実施してきました。今回、包括協定を締結することで、両大学がさらに地域に向き合って課題を解決していこうという姿勢をより強くするとともに、両大学の取り組みの成果を積極的に社会に発信し、日本全国の地域が抱える課題を解決するモデルを京都の地「山科」から提案していきたいと考えています。

あわせて読みたい

共同通信PRワイヤーの記事をもっと見る 2019年3月18日のリリース記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

ニュースアクセスランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。