100年の歳月を経て復活、月桂冠で採取された伝統の酵母使い醸造「伝匠月桂冠 百年酵母仕込み」を限定発売

100年の歳月を経て復活、月桂冠で採取された伝統の酵母使い醸造「伝匠月桂冠 百年酵母仕込み」を限定発売
「伝匠月桂冠 百年酵母仕込み 純米吟醸」
2019年4月15日

月桂冠株式会社

100年の歳月を経て復活、月桂冠の酒蔵で採取された伝統の酵母使い醸造
「伝匠月桂冠 百年酵母仕込み」を限定発売
京の米・水・技を結集、京都産としてのテロワールを凝縮した純米吟醸酒

月桂冠株式会社(社長・大倉治彦、本社・京都市伏見区)は、「伝匠月桂冠 百年酵母仕込み 純米吟醸」(720mLびん)を、2019年4月15日から、3,000本、チルド(保冷)流通により限定発売します(飲食店関係や百貨店、インターネット通販など一部の販路に限定)。1912(明治45)年に、月桂冠の酒蔵で新酒モロミから採取された酵母を用いて醸造、100年の歳月を経て復活させた日本酒です。月桂冠の「百年酵母」、京都府限定栽培かつ府内酒造メーカー限定使用の酒造好適米「祝」、京都・伏見の名水「伏水(ふしみず)」を用い、月桂冠の造り手による匠の技で醸造、京都産としての個性”テロワール”を凝縮した純米吟醸酒です。発売日の4月15日からはブランドサイトを公開し、伝統の「百年酵母」や京都の米、水、醸造技術を駆使して醸した本商品の魅力を紹介しています(http://www.gekkeikan.co.jp/products/densho_k2/)。

今回使用した酵母(右画像)は、明治期に当時の大蔵省醸造試験所が、全国の銘醸蔵の酒モロミから採取した酵母の一つです。月桂冠の酒蔵で1912(明治45)年に採取されたこの酵母は、「きょうかい2号酵母」として、1917(大正6)年から1939(昭和14)年の間、日本醸造協会から頒布され、業界全体で酒造りに使用されていました。その酵母を頒布開始から100年の歳月を経て復活させ醸造、「伝匠月桂冠 百年酵母仕込み 純米吟醸」として商品化したものです。「きょうかい2号酵母」について、1925(大正14)年の『日本醸造協会雑誌』には、「林檎のやうな芳香を放ち」「酸の生成量及びアミノ酸の生成量は極めて少ない」と評されており、香りが良好で雑味の少ない良酒を醸す酵母であると当時から認識されていました。...続きを読む

あわせて読みたい

共同通信PRワイヤーの記事をもっと見る 2019年4月15日のリリース記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

ニュースアクセスランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。