香港科技大学とWeBank、香港・広東で初の銀行業ジョイント・ラボを設立

香港科技大学とWeBank、香港・広東で初の銀行業ジョイント・ラボを設立

Asianet 78826(0897)


【香港2019年5月20日PR Newswire=共同通信JBN】香港科技大学(HKUST)とWeBank Co. Ltd (WeBank)は5月20日、最新技術を探求して人材を育成するためにHKUSTとWeBankのジョイント・ラボラトリーを設立すると発表した。この提携は企業や大学、研究機関にとっての高度連携イノベーションプラットフォームとしても機能し、広東・香港・マカオ大湾岸圏(GBA)開発構想の下での知識移転を促進する。

Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20190520/2471781-1
(写真説明:調印式)

中国初の民間デジタル専業銀行のWeBankとして、このジョイント・ラボは香港の大学と初の研究連携であり、広東と香港間の初の共同銀行ラボ・プロジェクトでもある。協定によると、科学委員会が設けられ、双方に最適なプロジェクトが選定される。対象分野は、詳細研究ベンチャー向けの機械学習やブロックチェーン、AI運用、データマイニングなどだ。

20日の式典でゲストだったのはHKUST学長のウェイ・シー教授、HKUST学部長のライオネル・ニー教授、WeBankのデービッド・クー会長兼最高経営責任者(CEO)、WeBankのリー・ナンチン社長、HKUST工学学院長でHKUST-WeBankジョイント・ラボラトリー代表のティム・チェン教授、WeBank最高AI責任者兼HKUSTコンピューター科学工学議長教授のヤン・チャン氏ら。式典ではHKUST研究開発担当副責任者のナンシー・イプ教授とWeBank執行副社長兼最高情報責任者のヘンリー・マー氏が協定に調印した。

あわせて読みたい

共同通信PRワイヤーの記事をもっと見る 2019年5月21日のリリース記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

ニュースアクセスランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。