賃貸住宅でもダーツを楽しむ。ダーツバーの臨場感を自宅に再現できるダーツスタンド、ダーツマットを発売。

賃貸住宅でもダーツを楽しむ。ダーツバーの臨場感を自宅に再現できるダーツスタンド、ダーツマットを発売。
最新の電子ダーツボードに対応した「モニターダーツスタンド」と組み合わせる「ダーツマット」を発売。
2019/10/18

ビーズ株式会社

賃貸住宅でもダーツを楽しみたい。
ダーツバーの臨場感を自宅に再現できるダーツスタンド・ダーツマットを発売。

 ビーズ株式会社(所在地:大阪府東大阪市、代表:大上響)のダーツブランド「BLITZER(ブリッツァー)」は2019年10月18日、最新の電子ダーツボードに対応した「モニターダーツスタンド」と組み合わせられる「ダーツマット」を新たに発売し、賃貸住宅でもダーツバーのような臨場感を楽しめる環境整備を後押しします。


【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201910172274-O1-3Ah27adS

<ダーツをめぐる最新動向>
 最近のダーツバーでは大型モニターが設置され、投擲後に華やいだ映像や音楽を流してゲームを盛り上げる演出やオンライン対戦もできるダーツマシンが主流になっています。 BLITZER(R)はこうした動向を踏まえ、モニターやタブレットとともに設置する家庭用のアプリ連動型ダーツボードはますます普及が進むと予測しました。
  しかし、日本の狭い住宅事情において上述のダーツボードを導入するにはハードルがあります。 たとえば、賃貸マンションなので壁にダーツボードを直付けできない、隣室への音漏れや振動が気になる、落下したダーツで床にキズがつく、これまでのダーツスタンドでは必要なモニターやタブレットを設置できない等々。 BLITZER(R)はこうした悩みを解消し、最新機種にも対応する製品として、つっぱり棒構造の「モニターダーツスタンド」を発売しました。

あわせて読みたい

共同通信PRワイヤーの記事をもっと見る 2019年10月18日のリリース記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ニュースアクセスランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら