千葉商科大学付属高校生×創業57年老舗和菓子店 地産ふんだん創作和菓子で地域活性化

千葉商科大学付属高校生×創業57年老舗和菓子店 地産ふんだん創作和菓子で地域活性化
プロジェクト活動の様子
2020年2月18日

千葉商科大学

千葉商科大学付属高校の商品開発第3弾
高校生×創業57年老舗和菓子店
地産ふんだん創作和菓子で地域活性化

千葉商科大学付属高等学校(千葉県市川市、校長:浅川潤一)商業科が、有限会社和菓子所八矢庵(千葉県松戸市、代表: 今井浩志)との協働で開発した創作和菓子を発売します。
このたび発売開始する商品は7品。授業で簿記やマーケティング等を学ぶ2年生68名が、商業の知識を社会の現場で実践すること、10代の若い力で地域社会を盛り上げること、企業の課題を解決することを目的として開発しました。

◆商品開発プロジェクト概要
・高校近隣で創業57年の老舗和菓子店八矢庵代表の今井氏の「和菓子に関する消費者のニーズを知りたい」「地域の若い世代の方にも和菓子に関心をもってもらいたい」という課題を解決するために、2019年4月、商品開発プロジェクトが立ち上がった。

・生徒たちは道の駅いちかわで口頭アンケートによる市場調査を実施。約300人から得られた回答を元に、新商品の企画を立案し、13に分かれた各チームから八矢庵に13案を提案した。

・生徒たちからの提案に対し、素材や見た目、ネーミング等、八矢庵から指摘やアドバイスを受け、改善案の提出と試作を繰り返し、準備期間を含め約9カ月かけて7つの新商品が完成した。

・商品は3月14日(土)と3月21日(土)に、道の駅いちかわで行う販売イベントで販売する(7商品、各200個ずつ販売予定)。販売イベント以外での一般販売については未定。

あわせて読みたい

共同通信PRワイヤーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ニュースアクセスランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月18日のリリース記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。