情報工学科 河並研究室、FAP、DMM.comが共同開発したSTEAM教材が、プログラミングスクールで使用開始へ。

情報工学科 河並研究室、FAP、DMM.comが共同開発したSTEAM教材が、プログラミングスクールで使用開始へ。
拡大する(全2枚)
教育用ドローン(Ryze Technology Tello EDU)
情報工学科 河並研究室、一般社団法人FAP、合同会社DMM.comが
共同開発したSTEAM教材が、プログラミングスクールで使用開始へ。
ドローンのコントローラ開発や「おもちゃハック」を通してSTEAMを学ぶ

金沢工業大学情報工学科の河並崇准教授の研究室(専門 組込みシステム、IoT)は、一般社団法人FAP(石川県金沢市)、合同会社DMM.com(東京都港区)との共同研究で、STEAM教育とプログラミングに関する教材を開発してきました。この度、この教材と、河並研究室が独自開発した教材を使用したプログラミングスクールが10月から開講します。

共同研究の経緯、プログラミングスクールでの教材の活用
河並研究室、FAP、DMM.comの三者は、令和元年5月1日から共同研究を開始し、STEAM教育とプログラミングに関する教材開発を進めてきました(未来トップクリエーターの養成を目指すSTEAM教育に関する研究と教材の開発)。プログラミングを中心にSTEAM領域を同時に学ぶことができる教材を目指すもので、2020年度には「教育用ドローンを用いた教材開発」と「VRゲームコントローラを題材としたプログラミング教材の開発」を行いました。

2021年10月2日(土)に金沢ビーンズ(石川県金沢市鞍月5丁目158)でプログラミングスクール「ふれて!あそんで!学べる!プログラミングクラブ。」が新たに開講し、共同研究で開発した独自の教材などが用いられます。また、河並准教授、研究室の学生3名も講師として、北陸大学、金沢大学の学生講師とともにプログラミングスクールの運営に携わります。

この記事の画像

「情報工学科 河並研究室、FAP、DMM.comが共同開発したSTEAM教材が、プログラミングスクールで使用開始へ。」の画像1 「情報工学科 河並研究室、FAP、DMM.comが共同開発したSTEAM教材が、プログラミングスクールで使用開始へ。」の画像2
編集部おすすめ

当時の記事を読む

共同通信PRワイヤーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

リリースニュースランキング

リリースランキングをもっと見る
お買いものリンク