海南ボアオ・楽城国際医療ツーリズム・パイロットゾーンが日本の投資誘致イベントを開催

Li Yunda海南省食品医薬品局副局長によると、国務院が2018年に海南省人民政府にこの種の製品輸入の承認権限を付与して以来、これまでに5380人の患者が緊急の臨床的緊急性に対応して輸入された173分野の医薬品や医療機器を用いた治療を受けた。

呂小蕾(Lv Xiaolei)楽城管理局副局長は、Opinions on Supporting the Hainan Free Trade Port in Implementing Certain Special Measures for Improving Market Access(市場アクセス改善の特定措置実施における海南自由貿易港支援意見書)に従って、楽城パイロットゾーンは承認プロセスの効率化を図るために活用される新たな優遇政策を試す機会を与えられたと説明した。海南省衛生健康委員会、海南省食品医薬品局、海口税関の支援により、輸入医療機器の承認期間は27日から平均3-7日に短縮される見通しである。

陳平雁(Chen Pingyan)海南省リアルワールドデータ研究院執行院長は、高品質のデータ、優れたデザイン、正確な解析と結果の解釈がリアルワールドデータをエビデンス(根拠)に変換するプロセスで重要な役割を果たすと指摘した。肖麗氏はまた、楽城のReal World Study(RWS、リアルワールド研究)プログラムによって認可された医療機器を中国市場で展開するのに成功した例を挙げた。同氏は、国際的な製薬企業が中国で製品を登録し、販売するのを支援するための画期的な手法を試す機会を十分に活用することにより、RWSプログラムは医薬品の発売を促進していくことになろうと語った。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

共同通信PRワイヤーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

リリースニュースランキング

リリースランキングをもっと見る
お買いものリンク