會澤高圧コンクリート、2035年までにサプライチェーン排出量のネットゼロを実現
拡大する(全14枚)
脱炭素系テクノロジーの包括的技術移転プログラムを開発、プレキャストメーカー50社、生コン50社に供与へ

2022年1月20日
會澤高圧コンクリート株式会社

2035年までにサプライチェーン排出量のネットゼロを実現

脱炭素系テクノロジーの包括的技術移転プログラムを開発

プレキャストメーカー50社、生コン50社を対象に供与へ

 

 會澤高圧コンクリート(本社苫小牧市、社長:會澤 祥弘)は、創業100周年を迎える2035年までに温室効果ガスのサプライチェーン排出量を実質ゼロにする「NET ZERO 2035」にコミットメント(誓約)することを1月の取締役会で正式に決議しました。

 

 “期限付きネットゼロ運動”の環をコンクリート業界に拡げて行くため、私たちは、保有する素材系の脱炭素化技術やブロックチェーンを使った温室効果ガスの排出量管理といった独自の取り組みを、希望する同業他社に対して包括的に技術移転するプログラム「aNET ZEROイニシアティブ」を開発し、まずは23年3月末までにプレキャストコンクリートメーカー50社、レディミクストコンクリートメーカー50社をパートナーに選び、技術提携を進めてまいります。

 

 私たちは20年11月、バイオの力でひび割れを自ら修復する自己治癒コンクリートの実用化に世界で初めて成功し、コンクリート構造物を定期的かつ大規模にリニューアルするこれまでのインフラ維持管理方法に事実上の終止符を打つことで、将来のCO2発生量を大幅に抑制することを目指す脱炭素化に取り組んでいます。

この記事の画像

「會澤高圧コンクリート、2035年までにサプライチェーン排出量のネットゼロを実現」の画像1 「會澤高圧コンクリート、2035年までにサプライチェーン排出量のネットゼロを実現」の画像2 「會澤高圧コンクリート、2035年までにサプライチェーン排出量のネットゼロを実現」の画像3 「會澤高圧コンクリート、2035年までにサプライチェーン排出量のネットゼロを実現」の画像4
「會澤高圧コンクリート、2035年までにサプライチェーン排出量のネットゼロを実現」の画像5 「會澤高圧コンクリート、2035年までにサプライチェーン排出量のネットゼロを実現」の画像6 「會澤高圧コンクリート、2035年までにサプライチェーン排出量のネットゼロを実現」の画像7 「會澤高圧コンクリート、2035年までにサプライチェーン排出量のネットゼロを実現」の画像8
「會澤高圧コンクリート、2035年までにサプライチェーン排出量のネットゼロを実現」の画像9 「會澤高圧コンクリート、2035年までにサプライチェーン排出量のネットゼロを実現」の画像10 「會澤高圧コンクリート、2035年までにサプライチェーン排出量のネットゼロを実現」の画像11 「會澤高圧コンクリート、2035年までにサプライチェーン排出量のネットゼロを実現」の画像12
「會澤高圧コンクリート、2035年までにサプライチェーン排出量のネットゼロを実現」の画像13 「會澤高圧コンクリート、2035年までにサプライチェーン排出量のネットゼロを実現」の画像14