2022年4月1日
株式会社ツムラ

 

 

ツムラグループ 「パーパス」の制定と新ビジョンの策定

 

ツムラグループは、新たに「パーパス」を制定し、新ビジョン「サステナビリティビジョン」「長期経営ビジョン:TSUMURA VISION “Cho-WA” 2031」を策定しました。

パーパスを掲げ、引き続き、理念※に基づく経営を実践します。

 

【表:https://kyodonewsprwire.jp/prwfile/release/M104826/202203319449/_prw_OT1fl_wBH0Ls16.png

パーパス・イメージ動画 https://www.tsumura.co.jp/corporate/policy/movie/purpose.mp4

 

 

創業者・津村重舎は、明治の時代、医療のアクセスが難しい中、弱者であった女性に婦人薬「中将湯」で寄り添いました。家庭の中心である女性が健康で元気になれば、家族全員が健康で元気となり、活力ある心豊かな社会となる。目指したのは「社会公益の一端となる意義ある事業」でした。この創業の精神を引き継ぎ、これからのデジタル時代、人間を中心とした創造社会において、「一人ひとり」の「生きる」に、ツムラグループがお役に立ち、多様な社会を創り、一人ひとりが輝く未来を実現したい、という想いがパーパスには込められています。