4月28日から、はるやま2店舗で試験提供を開始

 
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202204260470-O1-y90wjPQ4

はるやま商事株式会社(岡山県岡山市北区表町1-2-3、代表取締役社長 中村宏明)と株式会社タニタ(東京都板橋区前野町1-14-2、代表取締役社長 谷田千里)は協業して、体組成計に乗るだけで健康チェックができると同時に、おすすめのスーツサイズと商品シルエット(型)を提案する新サービスを開発しました。タニタが開発した体組成データから体形を推定する新技術「TANITA Body Shape Analyzer」と、はるやまの商品情報を組み合わせたもので、利用するお客様にフィットするおすすめのサイズ、商品シルエットのスーツやフォーマル、パンツやスカートを自動で提案します。購入時における店舗スタッフとの接触を減らし、お客様自身による商品選びの自由度を高めるとともに、買い物時間の短縮や新型コロナウイルスの感染対策にも役立ちます。「はるやま吉祥寺店」(東京都武蔵野市吉祥寺東町1-7-1ハタビル)と「はるやま岡山大安寺店」(岡山県岡山市北区大安寺南町1-7-24)の2店舗で4月28日から試験提供をスタートし、効果検証を経て導入店舗を拡大していく計画です。

これまで、店舗でスーツを購入する際に自身のサイズが分からない場合は、店舗スタッフがメジャーを使って直接採寸をしていました。しかし、採寸時にからだに触れられることを苦手とする人や、店舗スタッフに頼らず自身で自由に商品を選びたいという人も多く、このプロセスを自動化できる選択肢が求められていました。また、新型コロナウイルス感染症が拡大する中、お客様と店舗スタッフとの接触を減らすための取り組みも必要となっていました。今回開発した新サービスは、これらの課題に対応するものとなります。使い方は簡単です。タッチ画面で年代や身長などの必要な情報を入力して体組成計に乗るだけで、男性であれば「A5(号)」「AB6(号)」など、女性であれば「9(号)」「11(号)」など、おすすめのサイズを表示します。また、併せておすすめの商品シルエットを提案し、お客様の商品選びをサポートします。本サービスの中核となるのが、タニタが開発した新技術