アーメダバード(インド), 2023年11月28日 /PRNewswire/ -- Oizomは、Dustroid Air Quality MonitorがMCERTS認証の取得に成功したと発表しました。CSAグループ(Sira)がEnvironment Agency(EA、英国環境庁)に代わって与えたこの重要な成果は、Dustroidが厳しいMCERTS Performance Standards for Indicative Ambient Particulatе Monitors(指標大気質モニターの性能基準)に適合していることを示すものです。


【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202311283471-O1-8kYU05t0

MCERTSの認定は、Dustroidの大気質モニタリングの能力に信頼性と信用を加えるという大きなマイルストーンとなります。MCERTSは大気、陸上、水域のモニタリング機器の性能を評価する包括的な枠組みです。この認証を取得することは、Dustroidが正確な大気モニタリングに必要なデータ品質に関する高い基準を満たしていることを意味します。

Dustroidは、特にPM2.5とPM10のような粒子状物質を高い精度で測定することができます。このため、建設現場、採鉱場、解体現場のような粉塵の排出量が多い場所での汚染レベルを追跡するために不可欠な大気質粉塵モニターとなっています。その正確でリアルタイムのデータ照合は、環境コンプライアンスを維持し、公衆衛生を守るために不可欠であることが証明されています。


Oizomの環境対策責任者、Kruti Davda氏は「DustroidのMCERTS認証は単なる達成ではなく、高い信頼性へのコミットメントです。当社に大気質監視を依頼している産業界は、環境規制を順守していることを知り、安心して大気質監視を行うことができるのです」と述べました。

この認定は、Dustroidの規制市場での評価を高めるだけでなく、正確で信頼性の高いデータ収集のための高付加価値で費用対効果の高いソリューションとして位置付けるものです。これは、規制関係で十分な情報に基づく決定をするのに不可欠であり、Dustroidは厳しい環境基準に縛られる業界にとって好ましい選択肢です。

先端技術とMCERTS認証により、Dustroidは大気品質モニタリングのフロントランナーとしての地位を確固たるものにしました。Dustroidは信頼性と正確性の象徴であり、様々なセクターで包括的な空気品質モニタリング・ソリューションを提供しています。


▽Oizomについて

Oizomは、環境モニタリング・ソリューションを専門とする革新的なテクノロジー企業です。同社は、幅広い環境パラメータを正確に追跡するように設計された高度な大気質モニタリングシステムで有名です。Oizomのソリューションは、大気質管理データの提供、汚染の軽減、公衆衛生の向上で極めて重要です。

▽メディア関係問い合わせ先
Jainam Mеhta
CBO at Oizom
hello@oizom.com 

Photo: https://mma.prnasia.com/media2/2285965/MCERTS_Certified_Oizom.jpg?p=medium600

 

(日本語リリース:クライアント提供)
PR Newswire Asia Ltd.

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202311283471-O2-nW930roZ

PR Newswire
1954年に設立された世界初の米国広報通信社です。配信ネットワークで全世界をカバーしています。Cision Ltd.の子会社として、Cisionクラウドベースコミュニケーション製品、世界最大のマルチチャネル、多文化コンテンツ普及ネットワークと包括的なワークフローツールおよびプラットフォームを組み合わせることで、様々な組織のストーリーを支えています。
www.prnasia.com