【京の冬の旅】36年ぶりに奥書院が公開、貴重な寺宝も公開されています。「霊鑑寺」

通常非公開寺院や貴重な文化財を楽しめる「京の冬の旅」。36年ぶりに公開された奥書院「紅霞亭(こうかてい)」や貴重な寺宝などが拝見でき、椿も咲き始めていて見どころ満載でした。

36年ぶりに奥書院が公開!「霊鑑寺」

【京の冬の旅】36年ぶりに奥書院が公開、貴重な寺宝も公開されています。「霊鑑寺」

円成山霊鑑寺の始まりは1654年(承応3年)。自然豊かな哲学の道のそばにあり、臨済宗南禅寺派の尼門跡寺院です。
【京の冬の旅】36年ぶりに奥書院が公開、貴重な寺宝も公開されています。「霊鑑寺」

通常は非公開寺院で、春と秋に特別拝観として公開されています。
今年は「京の冬の旅」として冬にも公開されています!
(京の冬の旅としては、7年ぶりの公開。)
そして36年ぶりに奥書院を公開されるという貴重な特別拝観です。
【京の冬の旅】36年ぶりに奥書院が公開、貴重な寺宝も公開されています。「霊鑑寺」

拝観料600円を支払って、早速入山します!
【京の冬の旅】36年ぶりに奥書院が公開、貴重な寺宝も公開されています。「霊鑑寺」

霊鑑寺は「谷の御所」とよばれた尼門跡寺院で、100種類以上の椿が咲くことから「椿の寺」としても広く知られています。
【京の冬の旅】36年ぶりに奥書院が公開、貴重な寺宝も公開されています。「霊鑑寺」

池泉鑑賞式庭園。
江戸時代中期の作庭技法を用いて造られたそうです。般若寺型石灯籠を中心に、石灯籠と石組みや橋など風情を感じるお庭です。日光椿など、数々の名椿が植えられており、春には見事に咲き誇ります。
【京の冬の旅】36年ぶりに奥書院が公開、貴重な寺宝も公開されています。「霊鑑寺」

本堂には徳川11代将軍 家斉が寄進、恵心僧都作と伝えられた如意輪観音像が安置されています。
撮影出来ませんが、ガイドさんが詳しく説明してくれます。
【京の冬の旅】36年ぶりに奥書院が公開、貴重な寺宝も公開されています。「霊鑑寺」

境内には有楽椿が咲いていました。
可愛いピンク色の花をたくさん咲かせていました。
【京の冬の旅】36年ぶりに奥書院が公開、貴重な寺宝も公開されています。「霊鑑寺」

【京の冬の旅】36年ぶりに奥書院が公開、貴重な寺宝も公開されています。「霊鑑寺」

椿は散るときに花ごと落花します。
散り際まで美しいですね。
【京の冬の旅】36年ぶりに奥書院が公開、貴重な寺宝も公開されています。「霊鑑寺」

雪中花という品種の椿。本来であれば雪が降るときに咲く品種だと思いますが、今年は暖冬で中々雪が降りませんね。

あわせて読みたい

Kyotopiの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月3日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。