寺町二条のスパニッシュバル「Brisa (ブリッサ)」でディナー

寺町二条のスパニッシュバル「Brisa (ブリッサ)」でディナーなり。

まだまだ新店のスパニッシュバル

寺町二条のスパニッシュバル「Brisa (ブリッサ)」でディナー
お店の名前は、Brisa (ブリッサ) 。パエリアが美味しいスペイン料理店、ラ・マーサが移転拡大した跡地に、2月にオープンしたスパニッシュバル。入り口はビルの奥で見にくいのですが、こういう看板が揚がっていて寺町二条の交差点から見える位置なので、まず間違わない場所。
寺町二条のスパニッシュバル「Brisa (ブリッサ)」でディナー
御覧のカウンター席が6席ほど、4人テーブルが3ぐらいのこじんまり店内。河原町通三条上ルにあるスパニッシュバル、ポキートご出身の笑顔が爽やかなご主人が1人で回されているのだ。
寺町二条のスパニッシュバル「Brisa (ブリッサ)」でディナー
レギュラーメニューがこちら。元々イタリアン店にもおられたシェフなのでパスタを置いておられるのですな。アルボンディガスってなんですか?!とか確認しつつ、お料理を決める。
寺町二条のスパニッシュバル「Brisa (ブリッサ)」でディナー
で、メインの日替わりメニューがこちら。心の琴線に触れる食材があるので悩みつつ、知らない店ではお任せが確実だ!と、「沢山呑んで、沢山食べそうです!」と宣言し、まずは前菜を適当に出して貰うことにするのだ。
寺町二条のスパニッシュバル「Brisa (ブリッサ)」でディナー
まずはカヴァグラスで、今日の労働とお稽古に乾杯~!なのだ。多分¥700なり。
寺町二条のスパニッシュバル「Brisa (ブリッサ)」でディナー
で、お任せの前菜がじゃじゃーんと登場。うはー、これはやりますなあ。奥のグラスに入っているのはスペイン風シーフードマリネの「サルピコン」なり。白ワインビネガーの酸味は控えめでトマトやキュウリの青っぽさが美味しい。手前のココットに入っているのは、ホタルイカと三穀米をサラダに仕立てたもの。ヨウジが刺さっているのは鶏肉のモルノ風でミニから揚げ的な。それにうずら茹で卵と、ラタトゥイユ的な野菜煮込みが乗っかったミニミニトースト的なピンチョス(おつまみ)が。 ビジュアル良好&お味もさっぱり系なものが多いので、泡にピタリですなあ。

あわせて読みたい

Kyotopiの記事をもっと見る 2019年5月25日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。