古川町商店街に「祇園白川ラーメン」がオープン

令和元年、古川店商店街にオープンしたラーメン店「祇園白川ラーメン」なり。味噌醤油、それに辛味噌という3パターンのラーメンがいただけます。

古川町商店街にオープンしたラーメン

古川町商店街に「祇園白川ラーメン」がオープン
やってきたのがこちら。古川町商店街に令和元年5月1日オープンしたラーメン店、祇園白川ラーメンなり。開店日はまず忘れなさそうなのですが、うーん、この辺りで祇園と言ってしまうのはどうなんだ!と、思いつつ、お店前に到着。商店街のアーケード南はずれに忽然と現れる系。
古川町商店街に「祇園白川ラーメン」がオープン
入り口にデカくて黒い招き猫が鎮座しているのを見ながら店内に。食券方式ですな。どうも猫キャラが目に付く店内。
古川町商店街に「祇園白川ラーメン」がオープン
テーブル席に座りメニューを確認。ラーメンは、味噌と醤油、それに辛味噌という三パターン。ネット情報に寄りますと、ご主人はもともと札幌ススキノで修行されていた方らしく、メニュー編成や店名の謎が腑に落ちるのですな。
古川町商店街に「祇園白川ラーメン」がオープン
店内雰囲気写真。なかなかお洒落系且つ海外のお客様来てね!な気配濃厚。壁に向かってカウンター風席が6、4人テーブルが1つというこじんまり店なのだ。
古川町商店街に「祇園白川ラーメン」がオープン
暫しの後、相方注文の醤油ラーメン¥700が登場。ふわーんと魚介系のいい香り。いりこ?鰹?と思うような魚介類ダシと鶏の合わせダシだと思いますが、すっきりしていて妙な雑味もなく美味しい。具材は柔らかく大面積のチャーシューが一枚。メンマとたっぷり刻みネギというシンプルな構成。
古川町商店街に「祇園白川ラーメン」がオープン
麺はかなり細目のストレート麺で若干固めの茹で上げ。意外に塩分控えめなスープのキャラにも合っていて、ここに来るまでは結構お腹いっぱい!と言っていた相方も見事完食なのだ。
古川町商店街に「祇園白川ラーメン」がオープン
私注文の辛味噌ラーメン玉子付きで¥1000なり。ふわんと花椒、それに唐辛子が混ざる香ばしい味噌、それに胡麻の香り。見るからに辛そうでしょ? 
乗っているのはおろし生姜、それに水菜の刻んだもの。 胡麻味噌風味でかなり濃厚ですが、厚切りチャーシューとは別に炒めたタマネギとミンチが入っていて、担々麺の北海道解釈版のような感じ。中華鍋でジャジャジャッと仕上げるのでしょうなあ。(キッチンを見ていないので想像ですが)
古川町商店街に「祇園白川ラーメン」がオープン
麺はご覧のようなやや透明感のあるストレート中太麺。シコシコとコシもしっかり。いやー、なかなか好みの構成。結構しっかり辛いので、辛いもの好きには無条件でお勧めできる正統派北海道濃厚系(白ご飯も欲しいかも汗) いやー、旨かったなり。ご馳走様でした~。

クチコミでの評判

基本情報

店名:祇園白川ラーメン
住所:京都市東山区稲荷町北組567-26
営業時間:10:00~23:00(L.O.22:00) 
定休日:不定休
TEL:075-541-3939

あわせて読みたい

気になるキーワード

Kyotopiの記事をもっと見る 2019年6月21日のグルメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「チキンカレー」のニュース

次に読みたい関連記事「チキンカレー」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「焼きそば」のニュース

次に読みたい関連記事「焼きそば」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「つけ麺」のニュース

次に読みたい関連記事「つけ麺」のニュースをもっと見る

新着トピックス

グルメニュースアクセスランキング

グルメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

SNSで話題のグルメなどおいしい情報をお届け中。