【京都発酵食品めぐり】明治創業の老舗京銘菓の名物『琥珀流し』3月は甘酒☆「大極殿本舗 六角店 栖園(せいえん)」

歴史ある京都の発酵食品事情をご紹介する京都発酵食品部★今回は創業明治18年の老舗京銘菓。その名物甘味『琥珀流し』は月替わりで季節の味が楽しめ、3月は発酵食品である甘酒味。

3月は甘酒味の月替わり甘味『琥珀流し』

【京都発酵食品めぐり】明治創業の老舗京銘菓の名物『琥珀流し』3月は甘酒☆「大極殿本舗 六角店 栖園(せいえん)」

六角通り沿い、高倉通りから東へ。
ベンガラ色も使い込まれていい風合いの京町家。創業明治18年の老舗京銘菓。もう見るからに歴史あり!な雰囲気。

【京都発酵食品めぐり】明治創業の老舗京銘菓の名物『琥珀流し』3月は甘酒☆「大極殿本舗 六角店 栖園(せいえん)」

店内入ってすぐの場所にはテイクアウトできる和菓子をいろいろ販売。祇園祭時期には期間限定の占出山(うらでやま)で販売される「吉兆あゆ」も有名。ですが、こちらの喫茶室には、毎月季節感を演出した月替わりメニュー「琥珀流し」が何と言っても名物。

【京都発酵食品めぐり】明治創業の老舗京銘菓の名物『琥珀流し』3月は甘酒☆「大極殿本舗 六角店 栖園(せいえん)」

こんなふうに店先には喫茶室でいただける季節のお菓子の見本。
わりと暑い時期に来ることが多いお店なんですが、月替わりメニューである3月の琥珀流しに発酵食品が使われていることを知りやってきました。

じつは休日の午後に一度訪れたのですが、大行列(汗)なので、平日の空いてる時間帯を狙ってやってきました。

【京都発酵食品めぐり】明治創業の老舗京銘菓の名物『琥珀流し』3月は甘酒☆「大極殿本舗 六角店 栖園(せいえん)」

店内は貸切状態。ゆったりと落ち着いた空間。

【京都発酵食品めぐり】明治創業の老舗京銘菓の名物『琥珀流し』3月は甘酒☆「大極殿本舗 六角店 栖園(せいえん)」

天窓から緩やかな光が入り明るい店内。

【京都発酵食品めぐり】明治創業の老舗京銘菓の名物『琥珀流し』3月は甘酒☆「大極殿本舗 六角店 栖園(せいえん)」

いつもの坪庭を望む特等席。

【京都発酵食品めぐり】明治創業の老舗京銘菓の名物『琥珀流し』3月は甘酒☆「大極殿本舗 六角店 栖園(せいえん)」

暑い時期とメニューの様相もまた違います。
今回は最初から琥珀流し660円と決めていましたが、紅糀製の甘酒もあります。

【京都発酵食品めぐり】明治創業の老舗京銘菓の名物『琥珀流し』3月は甘酒☆「大極殿本舗 六角店 栖園(せいえん)」

しばらくすると登場の琥珀流し。お盆に緑茶とセットで運ばれてきます。

【京都発酵食品めぐり】明治創業の老舗京銘菓の名物『琥珀流し』3月は甘酒☆「大極殿本舗 六角店 栖園(せいえん)」

ひなまつりにちなんで甘酒蜜なんですが、まるで雪化粧を施したような琥珀流し。簡単に崩れてしまうくらいぷるんぷるんに仕上げたやわらかい寒天に甘酒ベースの蜜がかかっています。


あわせて読みたい

気になるキーワード

Kyotopiの記事をもっと見る 2019年3月13日のグルメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「お菓子」のニュース

次に読みたい関連記事「お菓子」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「かき氷」のニュース

次に読みたい関連記事「かき氷」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「アイスクリーム」のニュース

次に読みたい関連記事「アイスクリーム」のニュースをもっと見る

新着トピックス

グルメニュースアクセスランキング

グルメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

SNSで話題のグルメなどおいしい情報をお届け中。