『源氏物語』の主人公 光源氏のモデル・源融の山荘跡『清凉寺』へ

       

とても爽やかな名前の『清凉寺』。なんと『源氏物語』の主人公・光源氏のモデルとされている源融(みなもとのとおる)の山荘跡なのです。

嵯峨野の名所『清凉寺』

『源氏物語』の主人公 光源氏のモデル・源融の山荘跡『清凉寺』へ

嵐山からもほど近い『清凉寺』は源融(みなもとのとおる)の山荘跡に建立されました。源融とは源氏物語の主人公・光源氏のモデルとされている人物です。
『源氏物語』の主人公 光源氏のモデル・源融の山荘跡『清凉寺』へ

『源氏物語』の主人公 光源氏のモデル・源融の山荘跡『清凉寺』へ

本尊釈迦如来像があることから「嵯峨釈迦堂」とも呼ばれていて、源融に顔を似せた阿弥陀如来像はエキゾチックなお姿とか。さらに釈迦如来立像の体内には五色の絹による内臓模型(五臓六腑)があったそうです。内臓がある仏像を初めて知りました。1,000年もの昔の人も人体の構造を知っていたなんて。普段はそのお姿が見られませんが、毎月8日と4、5、10、11月は公開されるそうなので、1度見てみたいです。

『源氏物語』の主人公 光源氏のモデル・源融の山荘跡『清凉寺』へ

『源氏物語』の主人公 光源氏のモデル・源融の山荘跡『清凉寺』へ

「嵯峨野の顔」

『源氏物語』の主人公 光源氏のモデル・源融の山荘跡『清凉寺』へ

そしてもう1つ。仁王門は嵯峨野の真ん中にあり「嵯峨野の顔」と呼ばれているので、「ここは外せない!」とも思っていました。楼上には十六羅漢像が見えませんが祀られていて、両脇には朱色の阿吽二体の仁王像が睨みをきかせていました。朱色だとさらに迫力があります…!重厚感のある門は遠くから見ても圧倒的。ですが精巧な造りで思わず見入ってしまいました。まさに「嵯峨野の顔」にふさわしい。
『源氏物語』の主人公 光源氏のモデル・源融の山荘跡『清凉寺』へ

『源氏物語』に興味はなかったとはいえ、大人になってから触れる歴史はとても興味深いものでした。

詳細情報

『源氏物語』の主人公 光源氏のモデル・源融の山荘跡『清凉寺』へ

名称:清凉寺
住所:京都市右京区嵯峨釈迦堂藤ノ木町46
時間:9:00~16:00
   4月・5月、10月・11月 9:00~17:00
拝観料:一般 400円
HP:http://seiryoji.or.jp/

あわせて読みたい

Kyotopiの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年9月27日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。