まるで立体パズルのような無茶な建物、カナダの「アビタ67団地」がすごい

まるで立体パズルのような無茶な建物、カナダの「アビタ67団地」がすごい
冗談かと思うようなデザインのこの建物ですが、カナダのモントリオールに実在している「アビタ67団地」と言う集合住宅です。

今にも変形が始まりそうな無茶な構造をしていますが、40年以上前に建てられ、ちゃんと住民も暮らしているようです。その他の写真もご覧ください。

 


"Habitat 67"はカナダ・ケベック州モントリオールのサンローラン川沿いに建っています。

(モントリオールは住民の3分の2がフランス語を話すため、日本語のカタカナ表記も「アビタ67団地 - Wikipedia」となるようです。)

イスラエルの建築家Moshe Safdie氏によるデザインで、1967年のモントリオール万国博覧会の一環で建設され、会期中にモンレアルを訪れた高官たちの仮宿舎などに利用されましたが、現在は住民たちによって買い取られ私有の共同所有集合住居となっているそうです。


突き出た部屋の下に立つのが怖いですが、部屋の中にいてもリラックスできる気がしませんよね。


川の正面から見ると、無秩序な雑居ビルに見えますが…。


斜めから見ると立体パズル状態。


建設当時の様子もレゴブロックのようなことになってます。

[画像を見る]
内側から見ても複雑な造り。地震のほとんど無い地域だから可能な設計なのでしょうね。

[画像を見る]
屋上の景観もすばらしい。

[画像を見る]
夜の景色。

[画像を見る]
こうして住民の姿を見ても、あまりに突飛な建物のせいで現実感や生活感が出てきません。


あわせて読みたい

らばQの記事をもっと見る 2011年4月5日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。