アメリカがドイツや日本に対してもスパイ行為をしていたことへの海外の反応

アメリカがドイツや日本に対してもスパイ行為をしていたことへの海外の反応

6月上旬、元CIA(米中央情報局)職員およびNSA(国家安全保障局)職員のエドワード・スノーデン氏が、アメリカ政府がインターネットのハッキングを通じて中国をはじめとした各国への諜報活動を行っていた事を告発し、世界中に衝撃を与えました。

さらに対立国だけでなく、ドイツなどのEU加盟国にも(さらに日本やフランスやイタリア、ギリシャ、メキシコ、インド、韓国、トルコなどの同盟国大使館に対しても)、盗聴による情報収集を行っていたことが暴露され、連日トップニュースとなっています。

現在スノーデン氏はロシアで亡命受け入れ先を申請している段階ですが、この事件に対する海外掲示板の反応をご紹介します。

●これでアメリカの国際的な場での活動計画が確実に失われることになったな。

●暴君には友達はいない。ライバルがいるだけだ。それから裏切り者と。

●アメリカには仲間はいないさ。持っているのは「興味」だけだ。もしそういう文脈でアメリカを見たなら、長期計画で感情を出さずに興味を示し続けていると理解できるよ。そして相手の興味と自分の興味が一致したときは同盟国となる。そして興味が分かれたときは……。

●仲間がスパイしたというのが驚きだ。

●「アメリカは同盟国よりシークレット・サービスを監視すべきだな」 byルクセンブルグ外務省

●「カナダ、オーストラリア、ニュージーランド、そして英国はスパイ対象から外されていた」
それは彼らがすでに情報を米国と共有しているからだろう。

あわせて読みたい

らばQの記事をもっと見る 2013年7月9日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら