17世紀に描かれた「スイカの絵」がまるで違う食べ物だと話題に

17世紀に描かれた「スイカの絵」がまるで違う食べ物だと話題に

種無しどころか皮まで美味しい「ぶどう」が開発されるなど、この10~20年の間でも果物の品種改良は目覚ましいものがあります。

17世紀に描かれた「スイカの絵」が、現代のものとは大きく異なると話題になっていました。

どんなスイカなのかというと……

17世紀に描かれた「スイカの絵」がまるで違う食べ物だと話題に

わわっ、なんとまずそう!

今時のスイカと比べてスカスカで水分が乏しく、ちっとも食べたい気持ちが湧きません。

17世紀にこれが一般的なスイカだったのかどうかはわかりませんが、海外掲示板ではいろいろと意見が出ていました。

●そんなのどうってことはない、絵画によると今より1世紀前の人々もすごく醜いぞ。

17世紀に描かれた「スイカの絵」がまるで違う食べ物だと話題に

パブロ・ピカソ :1881年10月25日~1973年4月8日)

↑われわれも遺伝子組み換えをされたのか。

●もし17~18世紀の大きな宮殿にタイムスリップしたら、バラの花のにおいで圧倒されるそうだ。バラは過去300年で、見た目優先に品種改良されたことで、もともとの自然の香りが前ほどないそうだ。

●17世紀の別の画家、アブラハム・ブリューゲル氏の描いたものを見ると、種が多いことをのぞいては現在のスイカとそう変わらない。
[画像を見る]

↑あるいはもう今ではなくなった品種かもしれない。そしてブリューゲル氏の描いたものは近代的な品種のスイカかもしれない。

↑可能性はある。紀元前3000年には、現在の12000種に比べて、たった6品種のスイカしかなかった。そしてもちろんいくつかはもう存在していない。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

らばQの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

ライフスタイルニュースランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る
お買いものリンク