「月を地球の反対側から見ると…ウソくさくて本物とは思えない」NASAの写真に驚きの声

「月を地球の反対側から見ると…ウソくさくて本物とは思えない」NASAの写真に驚きの声

月は常に同じ側を向いているので、地上から裏側を見ることはできません。(※自転と公転の周期が一致しているため)

アメリカの観測衛星が、地球と反対側から月を撮影した画像が「フェイクのように見える」と海外掲示板で話題を集めていました。

The far side of the moon, illuminated by the sun, as it crosses between the DISCOVR spacecraft's camera and the Earth

[動画を見る]
EPIC View of Moon Transiting the Earth - YouTube

「月を地球の反対側から見ると…ウソくさくて本物とは思えない」NASAの写真に驚きの声

これは地球とNASAの人工衛星ディスカバーの間を月が通過するときの写真。

現実感が乏しくて合成写真のように思えますが、本物だそうです。

[画像を見る]
※DSCOVR(ディスカバー・深淵宇宙気候観測衛星)は、太陽表面の変化を観測するアメリカの人工衛星(太陽周回軌道)。地球から太陽方向に約150万km離れた太陽−地球ラグランジュ点L1を周回。( Wikipedia

海外掲示板のコメントをご紹介します。

●この写真から、実際の月のどんより具合がわかって面白い。アスファルトくらいの光の発しかただ。普段はインクのように真っ暗な宇宙にあるから、まぶしく光って見えるんだ。わお、左上に巨大なクレーターがある。

↑月の反射率はわずか0.12。つまり入射光の12%だけが反射する。アスファルトや石炭がだいたい同じような反射率だ。

当時の記事を読む

らばQの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コラムニュースランキング

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク