ナスが英語でエッグプラント(卵の植物)と呼ばれるのがよくわかる写真

ナスが英語でエッグプラント(卵の植物)と呼ばれるのがよくわかる写真

ナスを英語で“eggplant”(卵の植物)と言いますが、いまいちピンとこない人も多いのではないでしょうか。

なぜ卵と呼ばれるのか……納得のいく写真をご覧ください。

Before they're ripe it's easier to understand why they're called eggplants.

ナスが英語でエッグプラント(卵の植物)と呼ばれるのがよくわかる写真

卵がなってる!

ご存知の人もいると思いますが、これは成長過程ではなく、紫色素ナスニンを持たない白ナスという品種でアメリカではポピュラーだそうです。

[画像を見る]
白ナスにも品種はいろいろあり、縦長の物も。

[画像を見る]
丸いタイプは、卵と並べても区別がつかないほど。

アメリカには最初に白ナスが伝達したために、エッグプラントと呼ばれるようになったようです(茄子の原産地は東インド)。

海外掲示板のコメントをご紹介します。

●「卵が先かニワトリが先か?」
「いやいや、卵は植物からだよ……」

●いつもなぜそう呼ばれるのかと思っていた。

●エッグプラントってのは、オウバジーン”Aubergine”(イギリス英語でナス)より納得がいく。今回はお前らアメリカの勝ちだ。

↑勝ちはいただく。勝てるときはいただいておかないと。

↑女性のホッケーに勝ったところじゃない?

●これって白いナスじゃなくて?(違う種類?)

↑そうだよ。

↑それでいつニワトリが入ってくるの?

あわせて読みたい

らばQの記事をもっと見る 2018年3月31日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。