なんとアメリカ人の42%が破産状態で老後を迎えるとの調査結果…海外の反応

なんとアメリカ人の42%が破産状態で老後を迎えるとの調査結果…海外の反応

かつてのような超大国ではなくなったとはいえ、世界一の経済大国であるアメリカ合衆国。

しかしながら庶民の暮らしは、一般に思われている以上に困窮・不安定になっているようです。

42%のアメリカ人が貯金1万ドル(約100万円)未満であり、ほぼ破産状態で老後のリタイヤを迎えるだろうとのアンケート結果が出ています。

42% of Americans have less than $10,000 saved and will retire broke.

GoBankingRateが発表した内容によると、ほぼ半分にあたる42%のアメリカ人が定年を迎えたときの貯金が1万ドルに満たないそうで、全く無し(0ドル)の人も18%に達しています。

貯金ができない最大の理由は貯金をするだけの稼ぎがないことで、月々の支払いをするだけで精一杯なのが現状です。

「なぜ貯金をしないのですか?」というアンケートには
・稼ぎが十分ではない……40.1%
・リタイヤのための貯金が必要ではない……10.3%
・借金の返済を優先している……5.7%
・職場で年金プランがない……9.2%
・日々の暮らしで精一杯……24.9%
・緊急時にリタイア用の貯金を使ってしまった……9.9%

将来が不安視される人が非常に増えているようです。

海外掲示板のコメントをご紹介します

●なんて偶然なんだ。自分はアメリカ人で貯金も1万ドル以下だ。 ...続きを読む

あわせて読みたい

気になるキーワード

らばQの記事をもっと見る 2018年4月19日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「年金」のニュース

次に読みたい関連記事「年金」のニュースをもっと見る

新着トピックス

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。