「アメリカ人がどんどん死んでいる…理由はインスリンが高過ぎて買えないから」海外の反応

「アメリカ人がどんどん死んでいる…理由はインスリンが高過ぎて買えないから」海外の反応

糖尿病の人にとってインスリンは生死を分ける薬ですが、医療崩壊が叫ばれるアメリカでは、医薬品が高騰する一方でインスリンも例外ではありません。

保険が効く人でさえ、728ドル(約8万円)の請求書を受け取る状態だそうで、捻出できずに死んでいく人が増えているというのです。

Americans are dying because they can’t afford their insulin. That’s now a 2020 campaign issue.

各製薬会社のインスリンの高騰ぶりはすさまじく、イーライリリー・アンド・カンパニーは2001~2005年の間に35ドルから234ドル、ノボノルディスクは2013~2019年に285ドルから540ドル。サノフィは244ドル~431ドルと、この数年だけでも倍増している状態です。

(参照: アメリカの糖尿病患者が悲鳴、インスリンの価格が30倍も高騰している現実

このため治療を中断したり、最初から買えず、死に至る人が激増しているのだとか。

アメリカには現在3000万人の糖尿病患者がいると言われ、そのうちインスリンが日常的に必要な人は約740万人になると見積もられています。

薬が買えずに亡くなっていくという、まるで後進国のような状態に議論が沸騰していました。

海外掲示板のコメントを抜粋してご紹介します。

●いとこが1型糖尿病で、これは自分にとってもパーソナルな問題となっている。

あわせて読みたい

らばQの記事をもっと見る 2019年3月19日のライフスタイル記事
「「アメリカ人がどんどん死んでいる…理由はインスリンが高過ぎて買えないから」海外の反応」の みんなの反応 3
  • 匿名さん 通報

    向こうの人って自業自得な社会だから仕方ない

    0
  • 匿名さん 通報

    日本の科学者ガンバレ。特許に抵触しない安価なインシュリン製法を開発してこの人たちに「人道支援」をしてあげてください。ぜひぜひ御願いします。

    0
  • 匿名さん 通報

    デブは痩せろ。で、1型の人だけ保険で無料にできるようにしたら?日本も対岸の火事ではないよ。

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。