1950年代には楽譜専用のタイプライターが存在した

1950年代には楽譜専用のタイプライターが存在した

パソコンやワープロの普及によってタイプライターは廃れましたが、かつては楽譜作成用のタイプライターも存在していました。

アメリカで誕生したミュージック・タイプライターとはどんなものなのでしょうか。

[動画を見る]
Keaton Music Typewriter Demo - YouTube

1950年代には楽譜専用のタイプライターが存在した

楽譜用のタイプライターが誕生したのは第二次世界大戦前。1936年にロバート・キートン氏が発明&特許を取得し、「キートン・ミュージック・タイプライター」と名付けられました。

[画像を見る]
動画や画像の物は1950年代の進化系で、33のキーがありますが、最初期は14のキーでした。

1950年代当時の価格は225ドルだそうです。

これだけ大掛かりな機材や、失敗したときの手間を考えると、パソコンのありがたみを実感しますね。

【1950年代には楽譜専用のタイプライターが存在した】を全て見る

あわせて読みたい

らばQの記事をもっと見る 2019年3月25日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。