「ATMなどのキーパッド…最近はこんな仕組みになっている」

「ATMなどのキーパッド…最近はこんな仕組みになっている」

ATMやクレジットカードなど4桁の暗証番号を入力する機会は多いですが、海外では指の動きや不正な読み取り装置によって割り出されるケースが多々あります。

それを避けるため、最新の機器ではキーパッドも進歩しているそうです。

どんな入力装置なのか写真をご覧ください。

This keypad randomizes the numbers every time so someone doesn't figure out the password from your hand movements from r/mildlyinteresting

通常左上から1、2、3……と順番に並ぶ数字が、毎回ランダムに入れ替わるようになっているとのことです。

ネットの銀行などではよく使われている仕組みですが、ついにATMなどの機器もこうした仕組みになってきたのですね。

手間は増えますが、安全性を考えれば仕方のないところ。

海外掲示板のコメントをご紹介します。

●うちの銀行もオンラインのバーチャルキーパッドではこれが採用されている。
キーボードからアルファベット4桁を打ち、それからキーバッドで数字を4つ入れる。数字の場所は毎回変わる。

↑自分が利用してる銀行、Varrockもこれをしている。

↑イギリスの銀行利息は最近どれくらい?

↑え? 利息なんてあったの?

●ちょっとでも酔っていたら、外で寝ることになるな。

あわせて読みたい

らばQの記事をもっと見る 2019年5月26日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。