美術館に通う人は早死にリスクが31%低いことが判明…イギリスの研究

美術館に通う人は早死にリスクが31%低いことが判明…イギリスの研究

ユニバーシティー・カレッジ・ロンドン(UCL)の研究によると、美術館や劇場に通う人は、そうでない人より早死にリスクが低いことが確認されたとのことです。

調査は50歳以上の7000人を対象に行われました。

Want to live for longer?

2~3か月に1度以上、芸術鑑賞しに出かける人は早死にリスクが31%下がり、年に1~2度の人でも14%の低下が見られました。

理由は今後の研究テーマとなりますが、
・芸術に触れることがストレス軽減に繋がる
・こうした人々は経済的に裕福である
などが考えられるとのことです。

直接的な因果関係があるかは不明ですが、普段から芸術鑑賞をする高齢者のほうが健康面では安心できるといったところでしょうか。

※参照した死亡記録のデータは国営保健サービス(NHS)で、芸術鑑賞の対象は、美術館やギャラリーにオペラ鑑賞などで、映画は含んでいないとのこと。

【美術館に通う人は早死にリスクが31%低いことが判明…イギリスの研究】を全て見る

あわせて読みたい

らばQの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月20日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。