スウェーデン政府が「ワルプルギスの夜」を阻止するため「におい」で対抗

スウェーデン政府が「ワルプルギスの夜」を阻止するため「におい」で対抗

北欧では4月30日から5月1日にかけて、「ワルプルギスの夜」と呼ばれる伝統的な春の祭典があります。

魔女たちが集会(サバト)を開いたという言い伝えによるもので、たき火をしたり魔女の仮装をしたりと例年盛り上がるイベントなのですが、今年は新型コロナ対策でスウェーデン政府が自粛を求めています。

さらに一部の市民が強行してしまわないように、「におい」によって阻止する方針を発表しました。

The university town of Lund in Sweden is to dump a tonne of chicken manure in its central park

その「におい」とは ニワトリの堆肥 。

要は、糞尿の悪臭によって飲み食いする気を失わせるというものだそうです。

スウェーデンは外出禁止などの厳しい措置をとらない独自の緩やかな新型コロナ対策を打ち出しているため、イベントを強制的に止めさせることができないとのことです。

なかなか面白いアイデアですね。

【スウェーデン政府が「ワルプルギスの夜」を阻止するため「におい」で対抗】を全て見る

当時の記事を読む

らばQの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「イベント」に関する記事

「イベント」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「イベント」の記事

次に読みたい「イベント」の記事をもっと見る

コラムニュース

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年5月1日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。