海外の釣り人が同じ魚を1か月半後に釣り上げる→同じ魚だという証拠があった

海外の釣り人が同じ魚を1か月半後に釣り上げる→同じ魚だという証拠があった

キャッチ&リリースとは、釣った魚を生かしたまま元の居場所へ逃がしてあげる釣りのスタイル。

海外の釣り人が放流した魚を、1か月半後に再び釣ったそうです。

なぜ同じ魚だとわかったのか、それには理由がありました。

OpenClipart-Vectors - Pixabay

The person caught the same fish a month and a half later.

1か月半前に釣ったときにはあった痛々しい裂傷が、ふさがっている!

でもこの傷跡がなければ、同じ魚だとは気付かなかったかもしれませんね。

サイズも1か月半分しっかりと成長しています。

またこの魚を釣り上げて、さらなる成長を見たいですね。

【海外の釣り人が同じ魚を1か月半後に釣り上げる→同じ魚だという証拠があった】を全て見る
編集部おすすめ

当時の記事を読む

らばQの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

ライフスタイルニュースランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る
お買いものリンク