150年前に放置されて石化した鉄のハシゴがフランスの森にある

150年前に放置されて石化した鉄のハシゴがフランスの森にある

フランス東部の森の中に、150年の月日によって石化してしまった鉄製のハシゴがあるのだとか。

現在の姿をご覧ください。

この投稿をInstagramで見る

Archaic Knowledge(@archaic.knowledge)がシェアした投稿

思った以上に石化!

専門家の推定では、鉄製のハシゴはおよそ150年前のもの。

石灰岩から雨によって溶け出した炭酸カルシウムが流れ込み、コーティングされた結果この姿になったとのこと。

この周辺は石灰岩が豊富で鍾乳石ができるのと同じ理屈だと思われますが、たった150年でこんなになるものなのですね。

鉄製よりも堅固になった代わりに、雨で滑りやすくなっている可能性が高いそうです。

場所はジュラ県のこの辺り。
Google マップ

【150年前に放置されて石化した鉄のハシゴがフランスの森にある】を全て見る
編集部おすすめ

当時の記事を読む

らばQの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

ライフスタイルニュースランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る
お買いものリンク